月別アーカイブ: 2019年3月

会社員でも自営業でもお金がない時は消費者金融に借りるしかないのか?

大学を卒業後、7年間勤めていた会社を辞めました。管理職として働いていた私は経営者が変わり、方針にすれ違いが生じてきたため、自分の思った仕事が出来なくなり退職することにしました。後のことは考えず、半分は自棄を起こしたいきなりの退職でした。
貯金はほとんどなく、3ヶ月生活できるくらいのわずかなものと、失業保険の給付が今後の生活費のあてでした。前職に大きなやりがいを感じていたため、次のやりたいことも見つからず、1年間くらいふらふらしようかな~なんて考えていました。
そのため、以前から遊びでやっていたスロットに毎日通うようになりました。時間はたっぷりあるので、データをとったり、勝つために本気になり、もう仕事のように毎日行くような生活が半年以上続きました。
運良く毎月収支は黒字。仕事もないのに1年で200万くらいの貯金ができました。

そんなんで、お金に困ってはいなかったのですが、1年くらいするとやはりあせりました。このままじゃまずいなと。
それでとりあえず仕事をすることにしました。全く興味のない、友達と一緒に自営業をすることに。

仕事は始めましたが、スロットへ通うのはやめられませんでした。仕事後のわずかな時間や休みの日には必ず行っていましたね。
それでも勝ち続けていたんです。仕事を始めて4ヶ月間は、給料に全く手をつけず、スロットで勝ったお金だけで生活できていました。

そんな時父が病気になりました。入院費や家族のいろいろお金がかかるだろうと、持っていたお金を10万だけ残し、すべてを親に渡しました。
どうせすぐスロットで稼げるだろうと思っていましたし、仕事もしているので。

それからです。全く勝てなくなりました。給料の生活費に手を出すようになり、周りにお金も借りました。貯金もありません。自営業でも借りれる消費者金融にお金を借りてどうにか生活ができるようになりました。【自営業消費者金融
自転車操業のような生活が一年くらい続き、毎月なんとか生活していた矢先、保険事務所から会社に税金未納のための給料差し押さえ通知が届きました。

無職時代の1年間の住民税や健康保険税の滞納です。ハガキもきていたんでしょうが、堕落してる生活の最中、そんなものは全く目にとまりませんでした。おかげで給料から天引きされるようになり、手取り額は大幅に減り、生活するのも困難になりました。その後会社の人間関係もうまくいかなくなり、仕事も退社。
無職で借金と滞納していた税金の支払いだけが残り、家賃の未納の催促、ガスも電気もとまりました。

こんな状態でお金を借りようと思えばいくら借りれるのか・・・どこが貸してくれるのか・・・急いで調べて、審査をしました。

なんとかお金を借りることができ、光熱費も支払えたのですが、次は借金の返済です。

お金があまっていた時代に買ったあらゆるものを売りにだしました。
物も仕事も彼女も信用もすべてのものがなくなりました。